カラダって魔法的☆  カラダ x 整顔 x 数秘で自分らしくHappに

Pleasant-day(プレザントデイ)

ブログ

10/11のソマティックフェスタ

投稿日:

10月11日に代々木で行われたソマティックフェスタに行ってきました。

ソマティックのソマ(soma)はギリシャ語で身体を意味していて心や魂も含む「イキイキとした身体」を表しているそう✨ ソマティックフェスタは心と身体の繋がりを感じる様々なワークやアプローチを1日で体験できるイベントでした。身体を入り口に心に働きかけて、その逆に心から身体へも働きかけるボディーワークってポラリティセラピー以外にもたくさんあるんですよね~。クラニオセイクラルやロルフィングをはじめ15講座が開催されていました(いつかポラリティセラピーも出たい✨)ので私はその中の1つにクラニオセイクラルの講座を受けてきました。クラスのテーマは「命に触れて~フィールドと意識と在り方~」だそう。クラニオセイクラルとは日本語で言うと頭蓋仙骨療法です。頭蓋骨~仙骨に数グラムのソフトタッチで刺激をして脳脊髄液の循環改善を目的とする施術です。実は今通っているポラリティセラピーの上級クラス(RPP)に通っている大きな目的はこのクラニオセイクラルセラピーが出来るようになる事なんです。繊細な手の感覚も必要で、ポラリティセラピーと同じくフィールドを保つ事が大事でプラクティショナーとしての在り方(介入せずにクライアントの身体のシステム信頼してその動きをサポートする事に徹する)をとても重要視している施術なんです。あ~憧れる♪ 今回の講座は施術そのものではなくお題どおり、フィールドの意識の在り方がどうクライアントさんの感覚に響くかを知る講座でした。ペアをつくり肩に手を置き「肩が軽くなれ~、身体の調子がよくなれ~、私が治してあげる~」という執着意識で身体に触れているとはじめは温かく癒された感じなのが、5分位するとだんだんと腰にどーんとくるものが(私の感覚です)。でも「良くなるといいね~。最善最適な事が起こることをサポートしよう」という軽い意識で身体に触れてもらうと不思議と腰にどーんとくる感覚は全然こなくて、あ~温かくで癒される~って感覚がずっと続くのです。すべてのペアの方が意識の違いを体感したわけではないけどもほとんどのペアが執着意識で触れられる事に違和感を感じる結果に。ポラリティセラピーの練習時も気をつけているものの改めてこうゆう実験をしたことがなかったので、やっぱりそうだよね~って面白い体験をしました😊 頭で知ってるのと実際に体験、体感するのは全然違うよね~。ましてはポラリティスクールの練習生同士でない初めましての方とペアを組んでも、参加者のほとんどの方が意識の在り方が身体の感覚に影響すると体感したと知れた事も勉強になりました。来年は朝から夜まで3講座めいいっぱい受けてみようと思います。

 

-ブログ

Copyright© Pleasant-day(プレザントデイ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.